インド北部のカンプールで感電して気絶したサルを、仲間のサルが懸命に助けようとするめずらしい姿がカメラに捉えられ感動を呼んでいます。

線路近くで電線で感電し気を失った一匹のサルが倒れており、それを発見した一匹のサルが首にかみついたり、揺らしたり、仲間を助けようするが、なかなかサルの意識は戻らず。。。

しかし、懸命の手当ての甲斐があって、結果的に約20分後に意識を回復。

安心したのか、仲間の背中を優しく手でさすっています状況が見て取れます。

駅のホームで見守っていた人々は、仲間思いのサルの行動に、喝采を送ったということ。

india_rescue

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・やはり人間に近い動物だね。感動した。

・とりあえず回復してよかった。諦めなかった仲間の猿は本当に偉い。

・機転が利く行動をとったね。20分も処置した努力にもリスペクト。

・諦めないこの精神は見習うべきものがあるね。

・電線て危ないよなぁ。。。

・猿のドクター現る。

・荒治療だけど結果的に意識回復してよかったね。分かった上での行動だったら本当に凄い。

・水につけるあたり相当賢い猿だなと感じたよ。

・仲間を思いやる気持ちはみんな一緒だね。感動したよ。

 

参照:

Facebook/YouTube