日本列島で猛威を振るっている寒波、
日本や周辺諸国でも被害が出ている。
asien schnee strum
日本では24、25日で8人が死亡、全国で約610人がけがを負った。
また大雪の影響で広い範囲で交通機関がマヒした。

鹿児島県奄美大島はで115年ぶりに降雪を記録。
26日、寒波の影響で水道管が破裂・漏水し九州7県、合計約21万7千世帯
が断水の被害にあっている。全面復旧にはしばらく時間がかかるという。

Sponsored Link



この異常気象によって日本周辺の国でも大きな被害が出ている。

台湾では23日からの寒波で少なくとも60人が死亡したと台湾の聯合報
が25日に発表。死因の多くは低温による心疾患の悪化だという。
台北では25西、最低気温3度を記録、過去44年で一番の寒さになった。

他にも、寒波によって農作物や魚の養殖所で大きな被害が出ている。

24日韓国では最低気温が氷点下18度となり15年ぶりの寒さとなった。
この寒波で、南部の観光地では積雪と強風によって23日夕方から約2日間
航空便がすべて欠航となった。
韓国の隣、北朝鮮のピョンヤンでも24日に氷点下19度、北部の三池淵では23
日氷点下37.5度まで下がったという。この寒波による被害についての情報は
入ってきていない。

参考
Twitter
Welt