国境なき記者団は昨今世界でのジャーナリストの誘拐事件が増えている事を発表した。
また、その中で殺害されるジャーナリストの数も増えている。

ジャーナリストは今まで以上に誘拐される危険にさらされるようになっている。
今年は119名のジャーナリストが誘拐された。昨年の2013年に比べて37%増加している。
また、今年66名のジャーナリストが殺害された。加えてフリージャーナリストとメディアの共同制作者名も命を落としている。
約139名のジャーナリスト、20名のフリージャーナリスト、メディア共同制作者は脅迫や暴力により外国に逃げなければいけなかった。

国境なき記者団のウェブサイトで掲載されている表では以下のような統計が出ている。

2014年に誘拐されたジャーナリスト119名

1. ウクライナ 33名
2. リビア 29名
3. シリア 27名
4. イラク 20名
5. メキシコ 3名
6. その他 4名

2014年に殺害されたジャーナリスト66名

1. シリア 15名
2. パレスチナ 7名
3. ウクライナ 6名
4. イラク 4名
5. リビア 4名
6. その他 30名

2014年に拘束されたジャーナリスト178名

1. 中国 29名
2. エリトリア 28名
3. イラン 19名
4. エジプト 16名
5. シリア 13名
6. その他 73名

journalist_ジャーナリスト

Sponsored Link


ここから公表されている世界で危険な国は、
引き続きシリア、パレスチナ自治区(特にガザ地区)、ウクライナ東部、イラク、リビアだ。
ジャーナリストが拘束されている国は、上記の国以外にベトナムやサウジアラビアも挙がっている。
また、ジャーナリストが自国から亡命している上位の国は、リビア、シリア、エチオピアなどだ。
ジャーナリストが脅迫や暴力を受けた国の上位は、中国、トルコ、ベネズエラなども挙がっている。

世界中でジャーナリストへの暴力が増加しているへの海外反応

ジャーナリストって分かっても容赦なく攻撃されるんだな。。。

ソマリアの海賊のように、とにかく誰でもいいから誘拐して、
身代金を取ろうっていう魂胆だな。

ピューリュッツァー賞でよくフェイクの戦場写真があるっていうけど、命と引き換えの仕事だよね。

ロシアも結構やばそうだね。

中国が上位に挙がるのはなんとなくわかる気がする。
中国の警察とか怖そうだな。

参照:
FAZ
国境なき記者団