2015年4月25日現地時間午前にネパールの首都カトマンズをマグニチュード7.9の地震が襲った。
現時点で2000人超える人が命を落としたと報じられている。
未だに余震が続いているという。

4月25日現地時間11:56にネパール首都カトマンズをマグニチュード7.9の地震が揺らした。
インドでも強い揺れが観測された。
震源地は北西80kmの地点と報告されている。

日曜日にネパール警察が発表したところでは、
現段階で1953名が死亡した事が報告され、
インド当局によれば、インドでも53名が亡くなったことが伝えられている。
また、中国のメディアによれば、チベットでも17名が亡くなったとされている。

Nepal

Sponsored Link


現地では現在救出作業がされているが、
ほとんど議寿的な救出機具がなく、素手でものをどけて、
生存者を探す方法を強いられている。

ネパール政府は、世界に緊急で助けが必要であることを訴えた。
「私たちは救出及びリハビリのための強い計画をスタートしました。
多くのがことがされる必要があります。
私たちの国は今危機に直面しています。大きなサポートと助けが必要になっています」

現状として、病院では人手が足りない、薬品が間に合っていない。
インフラも破壊され、電話も繋がらない状況となっている。
アメリカ合衆国やドイツなどの国はすでに支援を表明している。

ネパール地震・死者2000人超えかへの海外反応

昨日の段階ではまだ死者200名くらいだった。今日になったら桁が増えた。これはかなりの被害だぞ。

今年は本当にいろいろな事がおきまくっている。何か起るたびにどんどんひどくなっている。

早く各国から救出隊が到着する事を願うばかりです。

てか、インドやチベットでも死者が出ているんだね。

マグニチュード7.9、想像できない数字です。

参照:
Berliner Morgenpost
Screenshot from n-tv
Twitter