6日台湾で起こった地震で倒壊した16階建てのマンションで生き埋め
になった住人の捜索活動を打ち切りにする考えを台南市の頼清徳市長
が13日発表した。
taiwan rettungsdienst endet
台湾で起きたマグニチュード6.4の地震から1週間がたち台南市で倒壊したビルでは
必死の捜索が続けられ行方不明者は残り1人となった。がれきの撤去も進み、
倒壊したビル内に生存者はこれ以上にないとの判断だ。

Sponsored Link


台湾地震全体で亡くなった人の数は116人、内114人はこのビルの倒壊で亡くなっている。
地震が起きた翌日では死者はまだ5名前後と報道されていた。
多くの住人がこのビルの崩壊によって命を落とした。
この倒壊したビルは柱などの補強用鉄筋が必要量の約半分だったことが
判明、手抜き工事により建物の耐震強度が不足していた。多くのメディアでも、
がれきの中で鉄筋の柱の中に塗料の缶などが埋め込まれていたのが多く
報道されてきた。
業務上過失致死の疑いで、このビルの不動産関係者が拘束されている。

参考
Twitter
yahoo