マグニチュード7.9の地震が2015年4月25日の現地時間11:56にネパールの首都カトマンズを襲った。
この地震で多数のケガ人が出ており、目撃者によれば、多数の死者もでているとのことだ。

2015年4月25日にネパール首都のカトマンズでマグニチュード7.9の地震が発生した。
中心部では多くの建物が倒壊し、BBCによれば、最低でも108名の死者が現時点で確認されているとのことだ。
震源地は首都カトマンズから北西に80kmのところと伝えられている。

ケガ人は街のメインの病院へ搬送されている。
また、携帯電話などは現在繋がらない状態となっている。
倒壊した壁で腕を怪我した労働者は「本当に恐ろしかったです。地面が動いていました。
今治療を待っているのですが、病院のスタッフも困惑している状態です」と話す。
余震も時々起っている状況であると報告されている。

Nepal_Earthquake

Sponsored Link


インド当局もこの地震を受けて反応している。
「私達は現在より多くの情報を得ようとしている状況です。
そして、今これに被害を受けた人たちを援助しようとしています」

また、登山家のアレキサンドル・ギャバン氏(Alexandru Găvan)はこの地震でエベレストで雪崩が起ったことをツイッターにて書いている。

ネパールで起きた2011年の地震では、5名が亡くなっている。
1934年にカトマンズ起きた地震は、壊滅的な被害を受けていた。

大地震が首都カトマンズを襲う・最低でも108名の死者への海外反応

今回の地震もニュースで聞いている限りかなり壊滅的な感じだね。

より多くの情報がもたらされることを願います。

2011年って今思えば色々な都市で地震が起った都市だったんだよな。クライストチャーチ、日本、ネパール、バージニア。

今年はすでにテロとか災害が起り過ぎだろ。。。

参照:
BBC
Screenshot from BBC
Twitter