スイスでは、犬、猫のを食べる事は許可されている。
他のEUの隣国とは対極的だ。動物保護団体はこの伝統を廃止する事を求めている。
しかし、スイスはこれを禁止にする気はないようだ。

「それなら豚肉も食べるべきではないのでは?」

スイスの農家は、こういった犬、猫の肉を食べるべきではないという他国の反応に対して、
「それならば豚肉も食べるべきではない」「結局肉であることには変わらない」などと反応している。
問われた農家は匿名であることを前提にその質問に対して答えている。

彼ら全員は動物保護団体などから敵対視されることを恐れている。
この国では、彼らの犬や猫を食す事が許されている。
他の国では、中国、韓国、ベトナムでも犬、猫を食する事が認可されている。
近隣のドイツやオーストリアでは、犬、猫の肉を人間の食用目的にすることは法律で禁じられている。
実際にスイスで普段どのくらいの割合でこれらの肉が食されているかの情報は明らかにされていない。

ある農家は「私は今日では犬、猫の肉を食べていません。時代は変わりました」と話す。
彼の同僚は、過去に犬の肉が食用に使われても誰も驚かなかった。しかし、今日では明らかにタブーのテーマです。
彼は、この事を最悪の場合充分な肉を調達できない社会の偽善だと言う。

現在動物保護団体はこの伝統の禁止を求めている。
「この時代にペットを食するという事は想像しがたく、このテーマは普通ではありません。」
とスイスの動物保護団体STSのフーバー氏は話す。
「実際、十分な肉の販売はされています。犬や猫の肉を食べる必要はもうないのでは」

swiss

Sponsored Link


スイスで猫・犬の肉を食することが禁止に!?への海外反応

スイスで猫、犬の肉って食べれるの?知らなかった。。。

ヨーロッパで唯一その肉を食べれる国スイス。他には中国、韓国、ベトナムかw

動物保護団体の影響が強いヨーロッパじゃ、風あたり強くて当然だよね。

正直、猫、犬を食べるなんてことは想像できない。

 

参照:
Tages Anzeiger