オランダのドレンツ美術館に持ち込まれた中国の仏像の内部に、1000年前の「即身仏」とみられる遺体が入っていたことが分かり話題に。

仏像自体はオランダで売りに出され、買い取りした個人収集家が持ち込んだもので研究チームがCTスキャンで調べたところ、内臓のないミイラ化した遺体が、中国の文様を施した布の上に座った姿勢で入っており、同美術館の専門家は、「肺の組織の代わりに中国の文字が書かれた紙切れが詰められていた」と話している。

1000年前の中国の高僧が即身仏になったとみられ「そのまま200年間ほど寺に祭られ、14世紀ごろ仏像の形につくり変えられたのではないか」との見方も示している。

仏像は現在、ハンガリーの首都ブダペストにある国立自然史博物館に収蔵されている。今後世界各地での展示が予定され、5月にはルクセンブルクへ移されることになっており、合わせてチームでは即身仏の出自をたどるため、DNA鑑定も依頼している。

ct

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・これは新しい発見だね!

・中に即身仏を入れるなんてすごい技術だ。

・歴史的な背景などもっと詳しく知りたいね。

・理にかなっていると思う。

・本当の仏になったということか。

・CTスキャンでよく見つけたね。

・まさにリアル仏像。

 

参照:

Facebook