福井県にある高浜原発再稼働中止がドイツのメディアでも報じられている。
高い放射線量で内部を撮影する用のロボットが壊れたことが最近世界中で話題になっていた。

日本の法廷は高浜原発再稼働を却下した。
昨年12月に日本の原子力委員会は新しい規律に基づいて、
3から4つの原子力発電所の再稼働にゴーサインを出していたが、
裁判所は発電所のセキュリティが十分でないことから稼働を却下する判決を下した。
NHKは裁判所を引き合いに出し、新しい規律には合理性が欠けていると報じた。

Takahama

Sponsored Link


関西電力はこの判決に対し受け入れがたいものと声明を発表している。
これに対して、環境保護団体のグリーンピースはこの判決を賞賛している。
2011年3月に起こった地震および津波により、
福島の原発はメルトダウンするほど大きな損傷を受けている。
世間では、再稼働を急ぐ前に、まだ解決していない問題を解決すべきなのではと騒がれている。

高浜原発再稼働中止が独メディアでも取り上げられるへの海外反応

日本政府は引き続きプロ・アトムということだね。

福島の現状は一体どうなっているんだろう?

ロボットが壊れるくらいだから相当の放射線量だよね。人がそこに入ったら数秒でアウトだね。

日本ほどの技術がある国が、原子力にこだわる必要はもうないのでは。

地震が起こると言われている地帯に限って原発があるんだよね。。。

参照:
taz.de
Twitter