今日2016年3月11日に東日本大震災が起こってから5周年目を迎える。
各地では、震災が起こった午後2時46分黙祷が捧げられる。
未だに仮設住宅で暮らす被災者や福島第一原発の放射能問題など、
復興までの道のりは遠いのが現状だ。

東日本大震災

東日本大震災五周年追悼式

内閣府は今日3月11日午後2時30分から国立劇場で東日本大震災五周年追悼式を
開催する予定。これは国として被災者を追悼する式典となる。
安倍晋三内閣総理大臣も式典に参列予定。

2015年の9月の段階で、日本の消防庁によれば、
震災関連死を含めると死者は19,335人にのぼるとされている。
津波で流された犠牲者などまだ行方不明のままの人たちは未だにいる。

海外でも震災から5年を迎え報道

この2011年の日本での震災・福島の原発事故から5年が経ち、
海外のメディアも報道している。

Sponsored Link


ドイツのntvは震災現場や地震発生直後の国会議事堂での元総理大臣
菅直人氏の写真などで当時から今に至ることを伝え、
Handelsblattは9日に稼働中の高浜原発の運転停止の命令が裁判所によって
認められたこと、現在日本で43ある原子力発電所のうち2基だけが
稼働していることなどが報じられた。

アメリカCNNも「福島 – 日本の最もひどい原子力事故から5年」のタイトルで記事を発表している。
この中でドローンでの福島第一原発付近を撮影したフッテージが公開されている。
http://edition.cnn.com/2016/03/08/asia/fukushima-five-year-anniversary/index.html

参照:
Yahoo
Twitter