福島の原子力発電所の事故から5年が経つ今も日本政府は食料品の輸出へ向けた努力を行っている。
しかし、どうやら事故以前の状態になるにはほど遠く、隣国は日本からの食料品輸入禁止を定めている。

ドイツのメディアは福島の事故後の日本の食料品の現状と各国の対応について報道している。
福島の事故から5年経ったが未だに福島からの食料品は外国の消費者と
可能性のある食料品の被爆を懸念するその国の政府を怖がらせている。
それに対して日本は厳しいコントロールで安全を確約する。
日本は隣国の日本からの食料品輸入禁止措置の廃止あるいは緩和へ奮闘している。

ちょうど今日本は取引先として重要な国のうちの一つである中国との交渉に入った。
中国はこれまでに日本の47ある都道府県のうち10カ所からの食料品の輸入を禁止している。
また、5月に輸入規約を厳しくした台湾との交渉も続いている。
福島の事故直後には台湾は日本の5県からの食料品輸入を禁止にした。
春には産地を偽装された食品が台湾国内で確認された。
それを受け、台湾はより厳しい産地の証明及び製品の放射能検査の証明を要求している。

Fukushima

Sponsored Link


韓国政府が2013年の秋に輸入禁止を求めた後、日本は世界貿易機関(WTO)に韓国に対する抗告を行った。
その輸入禁止措置がとられた際には、福島及びその他7県からの魚製品が該当している。

日本意とって重要な輸出の国は、香港、アメリカ、台湾、中国、韓国だ。
香港では、いい加減な輸入コントロールの結果、
おそらく福島あるいはその近くの県からの食品が国内に入ってきたことが報じられていた。

当時3基の原子炉でメルトダウンが起こった事故後、
一時的に約50カ国が日本からの食料品の輸入を禁止にしていた。
その中の13カ国(含まれるのはカナダ、メキシコ、マレーシア、ベトナム、オーストラリアなど)はすでにその制限を取りやめている。
欧州連合は徐々に日本の食品や飼料に対する輸入禁止や輸入のコントロールを緩和してきた。
輸入者は日本の製品の産地とその一致を日本の法律で正しい事を証明しなければいけない。
福島やその近くの件からの食品に関しては、放射能値の分析結果が提出されなければいけない。
そして、ヨーロッパ側では抜き打ち検査的コントロールがまだ定められている。

参照:
FAZ
Twitter
Screenshot from Zeit