Johns Hopkins University(ジョンズホプキンス大学)のApplied Physics Lab(応用物理学研究室)が、高電圧の感電事故で両腕を失った人に、その人の神経系に接続してコントロールできる義手を取り付けることに成功し四肢の一部を失った人にとっての明るい未来に一歩近づいた。

現在、人間の脳や神経が直接コントロールする義手は、今急速に進歩しており動画にあるように、女性が義手に脳からの命令を伝えることも可能。

また義手を動かすメカニズムも日々、どんどん良くなってきており、人間が義手や義足を自分の手足のように使えるようになるのも、それほど遠い先ではないだろうか。

Modular Prosthetic Limb

Sponsored Link


海外反応・世間の反応

・すごい技術だ。自分の思った通り体が動くことは手や足を失った人にとっては非常に価値あるものだよね。

・いずれこういうものが完成することを考えてたよ。

・いち早く実用化が望まれるものだよね。

・四肢を失った人の為だけではなく、攻殻機動隊の世界も近いことでしょう。

・まったくロジックは分からないけど凄い研究が日々されてるんだなぁ。

・人の為、社会の為に役に立つ技術は素晴らしい。

・購入に当たっては国の援助や負担する制度をもっと整えていった方がいいと思う。

 

参照:

Facebook/YouTube