肺に感染する病気・MERSコロナウイルスはこれまでサウジアラビアのみで確認されていたが、
遠く離れた韓国で初の感染者の死亡が確認された。

韓国で初のMERSコロナウイルス感染者が確認された。
これまでに2名が死亡したと各国メディアは伝えている。
最低でも25人がMERSコロナウイルスに感染していると見られている。
どうやら、1人の旅行者がウイルスを持ってきたと推測されている。

初めて韓国でMERSコロナウイルス感染者が確認されてから2週間後に
58歳の女性と71歳の男性が亡くなった。
多くの感染者はバーレーンに旅行していた男性から移されたと見られている。
韓国当局はこれまでに680名を隔離していると伝えている。

MERS

Sponsored Link


韓国人1名が中国でも治療されている

また、中国でも先週入国し隔離施設に入っていたMERSコロナウイルスに
感染した韓国人1名が治療されているとのことだ。
この男性は韓国でMERSコロナウイルスに感染した患者の息子と見られている。
また、香港でもすでに18名が隔離されているとの情報も入ってきている。
しかし、これから隔離さている人たちにまだ症状は見られていない。

MERSコロナウイルスは体液からの感染が起こると見られている。
この感染病は2012年に発見され、とりわけ中東諸国で確認されていた。
症状は、熱、呼吸に支障、肺炎症、腎不全だ。
世界中ではこれまでに1167件が確認され、その中で479名が亡くなっている。

韓国でMERSコロナウイルス感染者が死亡への海外反応

韓国がやばいんじゃ、中国、日本にも拡大しそうだな。

このご時世飛行機でもどこでもいけるから、感染病を運ぶのは簡単だよね。

エボラもまだ解決していないというのに、嫌なニュースだな。

明日から東アジアに出張なのに勘弁して欲しいな。ソウルもプランに入っている。。。

ヨーロッパからも中東に旅行している人多そうなのに、なぜ韓国だけ?

参照::
Tagesschau
Twitter
Screenshot from Wikipedia