内戦やISによる攻撃で破壊されるシリア現状をポケモンGoで伝える芸術家

Bombenanschlag in Syrien

シリア北東部のトルコ国境にあるカミーシュリーで爆弾による攻撃があり
シリア人権監視団によると48人が死亡した。
現地の病院の情報では死者は44人140人以上がけがを負ったといい、多く
の犠牲者は2回の爆発により未だがれきに埋もれているとカミーシュリー
国際病院の院長が話している。

Sponsored Link


1つ目の爆薬は車の中に隠されており27日朝にハサカ県のクルド人行政地
区管理機関安全司令部の前で爆発した。

過激派組織「イスラム国(IS)」のアマク通信が今回の爆発は自爆テロで
あると犯行声明を出している。

トルコ国境にあるカミーシュリーにはクルド人が人口の多数を占めており、
クルド武装勢力と交戦しているISはこの辺りで爆弾テロを繰り返し起こ
している。

世界の関心の集まるポケモンGoでシリアの現状を世に伝えるシリア人芸術家

内戦やISによる攻撃で街への被害や多くの犠牲者が出ているシリア

ポケモンGoが世界中で話題となっている中で、シリアの芸術家Khaled Akil
氏がシリア内戦で破壊された国の現実の中にポケモンのキャラクターを登場させ
シリアで起きている日常を伝えるプロジェクトを立てた。

Syrien Bombenattack

 

Khaled Akil氏はなぜシリアで毎日起こっている残忍な日常よりポケモンのゲ
ームの方が世の関心を集めているのかと考えたという。
彼の作品の1つには、爆弾により街が攻撃にあったであろうその現場に悲しい顔を
したピカチュウが座っている。

彼はポケモンGoをしたことがないそうだが、これらの作品でシリアで毎日
何が起きているか伝えたいのだという。

 

参考
Facebook
Spiegel
Heute