フランスのオランド大統領は今月13日に起こったパリの同時多発テロを受け、
非常事態を3ヶ月のばすつもりだ。そして、逃走中の容疑者の顔が公表され、捜索が続けられている。
死者は132人まで上がっている。

11月13日金曜日に起こったフランス・パリのテロだが、
これまでに132名が死亡した事がフランス当局により発表され、
そのうち103名の身元が特定されたことが明らかになっている。

Paris

Sponsored Link


そして、現在犯行に関わった主犯と見られる逃走中の男の行方をフランス警察は追っている。
Abdeslam Salah容疑者(アブデスラム・ザラー)

それ以外にも自爆テロの容疑者2名の身元も特定されている。
20から31歳までのベルギーに住んでいた男と見られている。
それ以外にも自爆テロで死んだ7人中3人の犯人はフランス人と見られている。

この男がパリ同時発テロ主犯格への海外反応

フランスはもう完全にISの標的だな。

これはやばいな。。。

アブデスラム・ザラーの顔見る限り、テロリスト以外の何者でもないね。

これはヨーロッパとイスラムの戦争の始まりか。

亡くなった方へご冥福を祈ります。

参照:
Welt
Twitter