2015年11月13日の金曜日にパリで起こったテロの黒幕と見られている男、
アブデルハミド・アバウド(Abdelhamid Abaaoud)に対する大規模な家宅捜索が行われた。
その際に女性のテロリストが自爆テロを行い死亡、もう一人の容疑者射殺され、
計5人が逮捕された事が伝えられている。

パリから北にある郊外の街セント・デニスで11月18日にテロの主犯格と見られている
アブデルハミド・アバウド(Abdelhamid Abaaoud)への大規模な捜索が行われ、
容疑者の家に警察が突入した。その際に女性テロリストが1人自爆し死亡、
他の容疑者1名も射殺された。計5名がこれまでに逮捕されたことが明らかになっている。

明らかにはまだされていないが、アブデルハミド・アバウド(Abdelhamid Abaaoud)は
イスラムテロ組織のイスラム国のメンバーであると見られている。

Paris

Sponsored Link


パリでテロ容疑者確保か・女性テロリストは自爆テロへの海外反応

これら全てパリで起こった事は、毎日シリアでも起こっているのか。。。

イスラム国が今確実に勢力を伸ばしていることを忘れてはいけない。

ただ、西側の戦時状態にない大都市でこういったことが起こることは常軌を逸しているよ。

プーチンになんとかしてもらうしかないな。

難民に扮装してまたヨーロッパに再入国。なんともずる賢い手口だ。
これが、もしかして、なんで難民の映像見ると、若い男の難民しか入って来ていない理由だな。

参照:
FAZ
Twitter