Donald Trump

大晦日の夜にケルンで起こった中東、北アフリカ系の男達による
強盗・強姦罪は今ドイツを始めとするヨーロッパ各国だけではなく、
アメリカをも騒がしている。アメリカ合衆国、次の大統領選の共和党有力候補と見られる、
不動産王のドナルド・トランプ氏はツイッター上で以下のようにつぶやいた。
「その国に入る事を許された移民によるその人たちへの激しい攻撃をドイツは体験している。
大晦日の夜は災害だった。考えろ!」

トランプ氏はこれまでのドイツの難民政策を批判してきた。 「メルケルがやったことは精神病だ」 これまでにドイツ全国で167件の大晦日の晩に関わる被害届が出ていると独紙ビルトは伝えた。 首都ベルリンでも、ブランデンブルク門で行われた大晦日の夜に2人の男が複数の女性に性的暴行を 加えたことが明らかになっている。 犯人は逮捕されており、いずれもイラク人とパキスタン人の男だ。 恐るべき事実として、この2人はベルリンの難民収容施設に届けを出していた者だった。

Sponsored Link


その他ビーレフェルドやフランクフルトでも中東、北アフリカ系の男達が女性の体を触るなど、 携帯電話を盗むなどの行為に及んでいたことが明らかになっている。 反EUを掲げて躍進してきた ドイツの新党Alternative für Deutschland(ドイツのための代替え・通称AfD)の 連邦議長の フラオケ・ペトリー氏はツイッターで以下のようにメルケル氏へのコメントをつぶやいている。 「メルケルさん、ドイツに再び安全と秩序を復活させてください!国境を閉めて!」

参照:
Bild
http://www.bild.de/news/inland/silvester/hat-die-polizei-silvester-verbrechen-verschwiegen-44047714.bild.html