南ドイツを襲った大洪水でこれまでに4人の死亡が確認されている。
3人は娘、母、祖母の家族で、もう一人は80歳の女性だ。
救助隊は、浸水した家などに生存者がいないか捜索を続けている。

ドイツで大洪水

百年に1回起こると言われる規模の洪水がドイツを直撃した。
この大洪水でこれまで4名の死亡が確認されている。
特に被害のひどいジムバッハ・アム・インでは娘、母、祖母の3人が
溺死し、80歳の女性が流れる洪水の上を漂流する丸太の上で横たわって
亡くなっているのが発見された。
それ以外にはこれまでに更なる4名が行方不明であると伝えられている。
尚、警報は未だに解除されていない。

また、警察はこれまでに洪水被害のどさくさに紛れて車などから
ものを略奪した男らは複数逮捕している。

先週から中央ヨーロッパを襲う不安定な天気が今回の洪水を引き起こしたとする。
フランスでも複数地域で洪水被害が確認されている。

Sponsored Link


ドイツのメディア

行方不明者の捜索が続けられる

洪水後の現場整理作業が始まる