5千人を超える参加者、ベルリン広範囲で行われるデモ

7日、ドイツの首都ベルリンで、メルケル首相と政府の難民政策並
びにドイツのイスラム化に対する右派の大規模なデモが行わ
れている。
7日の15時からベルリン中央駅を起点に始まったデモには、5000人
を超えると見込まれる参加者が„Merkel muss weg!(メルケル出てけ!)”
をモット‐にベルリン市内の広範囲でデモ行進を行っている。
ブランデンブルク州から多くのネオナチも集まっているようだ。

デモが行われるルート

berlin rechte große Demo

Sponsored Link


 

またこのデモ隊に対抗する反ナチデモも行われる。
今年3月にも右派の大規模なデモが行われ3000人がベルリン市内
をデモ行進した、今回はそれよりも大きいデモになると見込まれている。

このデモのため1700人の警察官が動員されるという。
ベルリンの天気がいいことからデモが夜遅くまで続き参加者が増える
のではないかと心配されている

ベルリン中央駅の様子

ブランデンブルク州から集まるネオナチ

 

反ナチデモの呼びかけ

反ナチによるデモ行進

参考
DER TAGESSPIEGEL
Twitter