クウェートにあるシーア派のモスクで爆破テロが起こった。
このテロで最低でも13名が殺害されたと救助隊は話している。

2015年6月26日にクウェートのシーア派モスクで自爆テロが発生した。
このテロにより、最低でも13人が亡くなったとのことだ。
テロ組織イスラム国が関わっていることは濃厚だ。
イスラム国はすでに数週間前にもシーア派系のモスク、巡礼、住宅街を多数襲撃していた。

Kuwait

Sponsored Link


同日にはフランス・リオンでガス工場への襲撃事件、
チュニジア首都のチュニスのホテル2件でテロ事件が発生した。
それぞれのテロ事件が互いに繋がっているかは確認されていない。

クウェートでもテロ発生・モスクで爆発への海外反応

今日は変な日だな。これ以上やめて!

別のテロ組織がそれぞれのテロを企てているとはいえ、
繋がっていないということは絶対にないだろうな。

中東はイスラム国、アフリカはボコハラム、アルカイダに占領されているね。

西側諸国とイスラムテロ組織との戦いがまた始まるな。

中国のウィグル地区もあるから、アジアも巻き込まれているよね。

参照:
FAZ
Twitter