2014年11月7日

<フィギュアスケート:GPシリーズ第3戦・中国杯>

男子ショートプログラム(SP)が行われ、ソチ冬季五輪金メダリストの羽生結弦(19=ANA)が、82・95点で、まさかの2位スタートとなった。

演技を終えた羽生は腹立たしさを隠せない様子でインタビューでは「最悪の一言」と嘆いた。

hanyu

Sponsored Link


海外の反応/国内の反応

・今日のYuzuはベストを尽くしたわ。落ち込まず次頑張って欲しい!

・今日は今日!明日は明日!

・中国杯での笑顔が早く見たい!

・一部の人々は、今日の彼のパフォーマンスにがっかりしたかもしれないけど、私は彼のすべての動きは完璧だったと思います。

・絶対に明日優勝してくれ!!

参照:

Facebook