お笑いタレントの猫ひろしさんがマラソンのカンボジア代表として、
今年夏にブラジル・リオデジャネイロでのオリンピックに出場することを
現地メディアが伝えた。

猫ひろし

猫ひろしの事務所はまだ正式に出場が決定したわけではないとしている。
6月3日に記者会見が予定されているので、その場に来て欲しいと言われていることを明かした。
20日にリオ五輪出場が決まった6人を発表、そのうちの一人が猫だった。

猫ひろしは2010年のカンボジアハーフマラソンで3位となり、
カンボジア政府より国籍変更をしての五輪へのチャレンジを打診されていた。
2011年に猫はカンボジア国籍を取得した。
2012年にはロンドン五輪の代表として選ばれたが、国際陸連が参加を認めない
決定を下し、ロンドン五輪への夢は崩れた。

その後は引き続きカンボジア人として、リオ五輪への挑戦を表明。
今年の2月には東京マラソンに参加し、カンボジア選手の最高記録となる
2時間34分をマークした。さらには、今月に行われたカンボジア代表選考の大会で
優勝をおさめた。猫ひろしのリオでの活躍が今から楽しみだ。

Sponsored Link


現地での反応

猫さんが記事になっている現地ニュース
http://khmer.voanews.com/a/for-cambodia-no-olympic-marathoner-em-buntin-neko-hiroshi-in-the-running-151490635/1405581.html

東京マラソンでの猫ひろしさんの活躍