ヤンキースからFAとなったイチロー外野手に対してダイヤモンドバックスが本格調査に乗り出していることが20日(日本時間21日)に明らかになった。
オーナー会議の会場で大リーグ関係者が「右翼のレギュラーとして貢献できるという調査結果が、既に球団上層部に提出されてた」ことを明かしている。
イチロー獲得に興味を示しているデーブ・スチュワートジェネラル・マネージャーにも報告済みと報道されている。

尚、松坂にも興味を持っているダイヤモンドバックスは、メッツからFAとなった松坂についても調査を進めていると現在報道されている。
既にソフトバンク入りが決定的と言われているが、球団関係者によれば「松坂は先発5番手になる可能性もある」と評価している。
ダ軍で今季2桁勝利を挙げたのはコールメンターしかいないので、最後まで可能性を探るというのがダイヤモンドバックスの方針だ。

今季のダイヤモンドバックスで規定打席に達した外野手はいなかった。低予算の球団としてはイチローが今オフの市場価値では年俸200万ドル程度とみられているこ とも追い風となっている。
ダイヤモンドバックスははイチローがオリックス、マリナーズ時代に背負っていた背番号51を用意するとのこと。
かつて通算303勝をあげたランディ・ジョンソンが背負っていたもので、現在は 空きの番号となっている。

イチロー

Sponsored Link


海外反応は

早くイチローの試合が見たいな!

とりあえず怪我なく本数稼いでください!

アメリカには野球の日本人が、ヨーロッパにはサッカーの日本人が。

 

参照:

スポニチ

CSN Washington