四大陸フィギュア選手権(Four Continents Figure Skating Championships)が18日台北で
開幕した。
この日女子ショートプログラムが行われ、現在世界ランク1位の宮原知子選手(17)が自己最高
記録のの72・48点を出し首位に立った。
miyahara satoko

世界選手権に専念するため本大会を辞退した浅田真央選手
の繰り上げで出場した村上佳菜子選手が自己ベスト68・51点で2位に、3位には長洲未来選手(米国)、
本郷理華選手(19)は64・27点で4位となった。
宮原選手は、4大陸選手権で2季連続で準優勝と、ぜひ今年こそ優勝を狙いたい。

Sponsored Link


この4大陸選手権はヨーロッパを除いた、アメリカ、アジア、アメリカ、オセアニアの大陸の選手が出場する
大会であり、出場選手枠は各国3人、または3組となっている。
21日まで開催される4大陸選手件、19日には男子ショートプログラム、女子のフリープログラムは20日、翌21日
に男子フリーが行われる。

参考
Twitter
Yahoo