現在メルボルンで開かれている全豪オープンで、女子テニスを
制したドイツ人プレーヤー・アンゲリク・ケルバー(Angelique Kerber)の
優勝が現在ドイツでは大きな話題になっている。

アンゲリク・ケルバー_Angelique Kerber

アンゲリク・ケルバーはドイツでは愛称アンジーと呼ばれている。
独紙ビルトは、ケルバーの優勝後の様子をリポートしている。

優勝後の夜ケルバーは全く寝ていなかったようだ。
記者会見では、世界中からの記者からのインタビューに応じ、
深夜2:30にドーピング検査を行い、3時ごろようやく、ホテルに戻ったようだ。
その後着替え、監督のTorben Beltzと整復師のSimon Idenとメルボルンのクラブ・
Club 161に飲みに行ったようだ。ケルバーはテクノ、ハウスミュージック
に合わせてもっぱら踊っていたとされる。

Sponsored Link


次の日日曜日の朝には、トーナメントが始める前に、優勝の際には、
メルボルン公園の中にあるロッド・レーバー・アリーナ近くのヤラ川
に飛び込むとの約束を果たした。

アンゲリク・ケルバー_Angelique Kerber

その後の午後には、メルボルンの植物公園でのカメラマンとの
シューティングを行った。まさか、ケルバーが寝ずに来たとは
誰も思っていなかったようだ。

ヤラ川に飛び込むシーン

参照:
Bild
Twitter

アンゲリク・ケルバーの優勝が決まった瞬間

FCバイエルンの守護神マヌエル・ノイアーのアンジーを祝福