テニス界16人のトップ50選手がウィンブルドンなどの大会で、
過去10年、試合での不正操作があった可能性があると
イギリスBBCとアメリカのBuzzfeedが報じた。
16 tennisspieler manipuliert
四大大会の全豪オープンテニス開幕直前17日のことだ。
男子プロテニス協会(ATP)が2007年に行った八百長に関しての調査文
書を入手、世界のトップ選手の間で不正が横行していたと報じている。
テニス四大大会の優勝者を含まれているとのことだ。
このうちの3試合はウィンブルドンで行われた。

Sponsored Link


八百長に関与した疑いのある選手のうち8人が今年の全豪オープンにも出
場しているという。
kei nishikori

この件で、錦織圭選手(26)は「驚きました。僕は全く関与
していないし、僕は何も知りません。やろうと思うこと自体、全く理解
できない。スポーツは、特にテニスは1対1の本気の勝負。お客さんが
『八百長がある』と感じると、大変なダメージになる。もしあるのなら、
やめてほしいです」とインタビューで語った。

錦織選手は全豪オープン第一試合では世界第34位ド
イツのフィリップ・コールシュライバー選手にストレート勝ちした。

 

参考
BBC
サンケイスポーツ
Twitter