オーストラリア・メルボルンで行われている、テニス全豪オープン、
大会7日目の24日、男子シングルスの4回戦が行われた。
tennis australien open

第7シードの錦織圭選手は(世界ランク第7位)は第9シードのフランスの
ジョーウィルフリード・ツォンガ(世界ランク10位)に6-4、6-2、6-4で
ストレート勝ちし、2年連続3回目のベスト8に進出した。
2012、2015年の大会自己最高成績に並んだ。

Sponsored Link


準々決勝は、ついに錦織圭選手と第1シード、セルビアのノバク・ジョコビッチ
(世界ランク第1位) との対戦。
世界王者のジョコビッチ選手は2015年はグランドスラム4大会中3大会
(全豪オープン・ウィンブルドン・
全米オープン)で優勝している。
錦織選手とジョコビッチ選手の対戦成績は2勝5敗、最後にジョコビッチ選手に
勝利したのは2014年の全米オープンの準決勝、それから4連敗の結果となっている。

今大会、調子を上げてきている錦織選手、世界王者へのリベンジとなるか。

この注目の準々決勝は日本時間1月26日(火)午後5時15分以降に試合開始予定である。
参考
Twitter