日本人初世界3階級制覇の亀田興毅が急性アル中

亀田興毅急性アル中

 

昨年電撃引退した元プロボクサー亀田3兄弟の長男、亀田興毅さん(28)
が12日未明、急性アルコール中毒の症状で病院に運ばれた。

酒をのみ、都内でタクシーに乗っていた亀田さんは六本木交差点近くで
意識が、もうろうとし、運転手が110番通報したという。
西麻布で酒を飲んでいて、別の店に向かう途中だったとのことで、搬送先
の病院で意識が回復、帰宅したとのことだ。

Sponsored Link


亀田興毅さんといえば日本人初世界3階級を制覇し、2015年10月WBA
スーパーフライ級タイトルマッチで王者の河野公平に完敗、試合後に引退
を発表した。2015年妻の美香さんと結婚現在は2人の子供の父親である。

ボクシングばかりやっていて酒を飲んだことがなかったという亀田さんは
今年「チョイ住み in 台北」という番組内で大酒飲みの藤井フミヤさん
と一緒に一週間共同生活を行い、酒の飲み方を教えてもらったとのこと。
ビールののど越しを知りそのうまさを覚えたという。
美味しさを覚えてついつい飲みすぎてしまったのか、どれだけ飲んでこの
騒ぎになったかは報じられていないが、一大事にならなかったことは幸いだ。

 

世間の反応

ニュースにすることではない、報道すべき大事なものは他にもあるでしょ。日本て平和

引退後付き合う相手が悪かった

現役中はお酒飲んでなかったんだもんね、美味しさを覚えたか、とにかく無事で何より

子供もいるんだからしっかりしないと

別の店って、はしご酒する気だったのかな。気になるのは、どれだけ飲んだんだ