世界的に注目されたボクシング世界ウエルター級王座統一戦。
フロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr.)に判定の末に敗れたマニー・パッキャオ(Manny Pacquiao)が、右肩を負傷していたことを明らかに。

パッキャオは、3週間ほど前にトレーニングキャンプ中に右肩を負傷し、このけがで「世紀の一戦」の延期も考えたが「試合の1週間前に肩がだんだんと良くなっていった」と語ったパッキャオは、予定通り試合に臨むことを決断したという。

一方のパッキャオに勝ったメイウェザーは9月の試合を最後に引退する考えを改めて表明。
その試合に勝利すれば、メイウェザーの通算戦績は49戦49勝となり、故ロッキー・マルシアノ(Rocky Marciano)氏の偉大な記録に並ぶことになる。

Pacquiao_1

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・メイウェザーの判定勝ち。全てが予想通りだった。

・パッキャオの右肩が万全だったら結果も変わっていたかもね。

・正直つまらない試合だった。

・メイウェザーは引退か。ロッキーに並んで欲しいね。

・もっと早い段階でこの二人の対決は実現欲しかった。

・一時代を築いた二人にリスペクト。

 

参照:

Facebook