ノルディックスキーのワールドカップジャンプ女子で19歳の高梨沙羅が
ワールドカップ個人総合を決めた。
sara takara ski jump w cup
19日フィンランド・ラハティでノルディックスキーワールドップのジャンプ女子、
個人第15戦(HS100メートル・K点90メートル)が行われ、高梨沙羅選手が合計251.3点
で今シーズン12勝目となり、3度目のワールドカップ個人総合優勝となった。

Sponsored Link


一本目のジャンプで96・5メートルを飛び首位に立つと、2本目では99.5メートルを記録した。
W杯得点を1410点獲得した高梨選手、続く2位のオーストリア、ダニエラ・イラシュコ選手とは431点
もの差をつけての優勝となった。
第3位には伊藤有希選手が入賞、今季2度目の表彰台に立った。
今シーズンの高梨選手は第3戦から自己新記録の10連勝をマークするなどその強さが注目となった。
W杯の総合優勝を狙い夏から練習を重ねてきたという高梨選手、目標は達成できたが、今後も続く
大事な試合に集中したいと語っている。

参考
Twitter
yahoo