錦織圭 準決勝進出でベスト4 試合結果

miami open 2016 kei nishikori
米カリフォルニア州で行われているマスターズ1000マイアミオープン男子
31日のシングルス準々決勝で、第6シードの錦織圭選手(世界ランク6位)
は第16シードガエル・モンフィス選手(同16位)と対戦し4-6、6-3、7-6
で逆転勝利しました。約2時間半の激闘で2年ぶりのベスト4進出です。

準決勝試合情報

この準々決勝の翌日1日(日本時間4月2日午前)にはすぐに、準決勝の
試合が行われます。(選手の皆さんお疲れ様です)
マイアミオープン初出場の第24シードのニック・キリオス選手(世界ランク26位)
と対戦となります。

過去の対戦成績

N・キリオス選手との対戦は過去1回、2015年上海オープンで1-6、6-4、6-4
で錦織選手が勝利しています。
この大会でも起きたことですが、若干20歳のキリオス選手は試合中などに
暴言を吐くことで注目を集めています。

べスト4選手出揃う 気になる優勝賞金は

ベスト4進出選手紹介

トップハーフ
第1シード N.ジョコビッチ(世界ランキング1位)
第15シード D.ゴフィン(同15位)
ボトムハーフ
第16シード 錦織圭(同6位)
第24シード N.キリオス(同26位)

ベスト4が出そろったところで、きになる本大会優勝賞金と獲得ポイント
についてです。資料はマイアミオープンの公式サイトより。

賞金(米ドル) 賞金日本円 獲得ポイント
優勝 1,028,300 約1億1311万 1000
準優勝 501,215 5513万 600
ベスト4 251,500 2766万 360
ベスト8 128,215 1410万 180
4回戦 67,590 743万 90
3回戦 36,170 397万 45
2回戦 19,530 214万 25
初戦 1,9701 131万 10

大会総合の賞金は7,037,595ドル、日本円にしてなんと約7億7千万円
となっています。しかも年々賞金は上がっているそう。
もちろん大会によって賞金も違いますが、
テニスの各大会の上位常連のトップ選手になると年俸もかなりのものに
なるでしょう。選手にとってはもちろん獲得ポイントが大事なんですが。

このところコンディションのいい錦織選手、マスターズ1000の初優勝も近くなっ
てきました。昨日から暑さの中の連日の試合ですが、ぜひ錦織選手に
がんばってほしいですね。

参考
Miamiopen
tennis 365