錦織圭4回戦 バウティスタ・アグにストレート勝ちでベスト8進出

kei nihikori miamiopen
米フロリダで行われているマスターズ1000のマイアミオープン、
29日に男子シングルス4回戦が第6シードの錦織圭
(世界ランキング6位)が第17シード、スペインのロベルト・バウティスタ
・アグ選手(世界ランキング18位)に6-2,6-4でストレート勝ちし
準々決勝に進出しました。

4回戦は錦織選手にとって、今大会初のナイトゲームになり、
「夜の方がボールがクリアに見えてボールの感覚がとてもよかった」
次につながる試合になったとインタビューで話しています。

準々決勝情報

順々決勝は31日(日本時間で4月1日午前中)の予定で、第16シード
フランスのガエル・モンフィス選手(世界ランキング16位)と対戦です。

Sponsored Link


過去の対戦成績

ガエル・モンフィス選手とは2014年ゲリー・ウェーバー・オープンで対戦、
錦織選手が2-1で勝利していますが、2016年全豪オープン、パリバオープン
で準々決勝に進出していて現在、好調な選手です。

ジョコビッチ以外格下相手

3年連続のベスト8入リした錦織選手。
自身の過去最高記録は2014年のベスト4です。
今回の大会は、R・フェデラー選手(世界ランク第3位)が病気のため棄権、
S.ワウリンカ(同4位)選手、ナダル選手(同5位)が2回戦、
A・マレー選手(同2位)は3回戦敗退となり、第一シードノバク・ジョコビッチ選手
(同1位)以外の錦織選手の格上相手が全て敗退しています。
ジョコビッチ選手とはグループが違うので、順当にいけば決勝での対戦となり、
錦織選手は自己ベストの塗り替え、マスターズ1000初勝利に一歩近づいて来ました。

 

参考
yahoo
Tennis365