国別対抗の男子テニス、デビスカップ第1回戦が各地で行われ、
日本対イギリスの3日目最終日、シングルス2戦が行われる。
deviscup 3,tag singls
3日目の第1戦は錦織圭(世界ランク6位)とアンディ・マリー(同2位)のエース対決。
5-7, 6-7 (6-8), 6-3, 6-4, 3-6で惜敗し、通算1勝3敗、日本の準々決勝進出はなくなってしまった。
五セット行われた試合時間は実に4時間54分の大接戦となった。

Sponsored Link


初日、4日に行われた初戦、シングル2戦でのダニエル太郎選手(世界ランク87位)が
アンディ・マリー選手に、1-6、3-6、1-6で敗れたが、2試合目錦織圭選手
がダニエル・エバンズ(同157位)に6-3、7-5、7-6でストレート勝ち。
2日目に行われたダブルスでは日本の西岡良仁、内山靖崇ペアは英国の
アンディ・マリー、ジェイミー・マリー兄弟と対戦し3-0のストレート負けとなった。
2日目の結果は1勝2敗と2015年優勝チームのイギリスにリードされていた。
日本に勝利したイギリスは7月の準々決勝に進出した。
参考
Twitter
Yahoo