FC東京の武藤 嘉紀が2015/2016シーズンからドイツ・ブンデスリーガの
FSV Mainz 05(マインツ)へ移籍する事が正式に決まった。
移籍金は約3百万ユーロ(日本円で約4億円相当)と言われている。

FC東京の武藤 嘉紀(Yoshinori Mutō)が2015/2016シーズンから
ブンデスリーガの日本代表・岡崎慎司が所属するFSV Mainz 05(マインツに移籍する事がチームから発表された。
岡崎自身ブンデスリーガのメンヒェン・グラッドバッハへの移籍の噂も飛び交うが、
現状これでマインツは日本人2人体制となる。

Yoshinori Muto

Sponsored Link


マインツのマネージャー・クリスティアン・ハイデル氏は「私たちは長らくYoshinori Mutoが
私たちが求めていた外側の強化になると確信していました。それで東京で打ち合わせをしました」と話す。

2015/2016シーズンもブンデスリーガでの日本人の活躍から目が離せない。

FC東京の武藤がブンデス・マインツへ移籍・岡崎チームメイトへの海外反応

おっ、また日本人ブンデスに来るのか!

ドイツ語はしっかりがんばれよ!

岡崎は本当にグラッドバッハに行くのだろうか!?

日本人選手もそろそろレバークーゼンやグラッドバッハあたりに入っても全然いいと思うけどな。

次シーズンはバイエルン打倒の年になることを期待しているよ。

参照:
FAZ
Bild
Twitter