ドイツサッカーレジェンドの皇帝フランツ・ベッケンバウアー氏の息子
シュテファン・ベッケンバウアーさんが46歳の若さで8月1日土曜の夜中に亡くなった。
FCバイエルンミュンヘンもシュテファンさんへの追悼している。

シュテファン・ベッケンバウアーさんは奥さんと3人の息子を残して旅立った。
この訃報を父親のフランツ・ベッケンバウアー氏は伝えている。
シュテファンさんは長く重い病気を抱えていたと見られている。

シュテファンさんはバイエルンのU17のトレイナーとして活躍し、
最も若い世代での新人発掘を行っていた。シュテファンさん自身、
1.FCザールブリュッケンやTSV1860ミュンヘンで活躍していた。

Stephan_Beckenbauer

Sponsored Link


皇帝ベッケンバウアーの息子が46歳で亡くなるへの海外反応

若すぎる死だよ!

この人がドイツサッカー界にどれだけ貢献してきたことか。

バイエルンには引き続きがんばってもらいたい。。。

シュテファン・ベッケンバウアーよ安らかに眠ってください!

本当に悲しいよ。いい人材がまたいなくなってしまった。

参照:
Berliner Morgenpost
Spiegel
Twitter
Screenshot from Spiegel