ドイツのkicker.deは本田圭佑の軌跡に関して以下のタイトルで記事を書いた。

【皇帝・圭佑・ベッカムのやり方にならう】

 

ここでは、本田のガンバ大阪・ジュニアユース、星稜高校での日本の高校ベストチームの一つになったこと、グランパスでのキャリアから現在までが書かれている。

Manuel Neuer und Keisuke Honda

2013年には、ドイツ代表であり、バイエルンのキーパー・ノイアーともZSKAで勝負をしている。試合は勝てなかったものの、PKで1点をノイアーから奪っている。

南アフリカワールドカップでのデンマーク戦での3:1での締めくくりの命中弾。フリーキックは本田の強みではあるが、それだけではなく、皇帝・圭佑は彼の故郷日本でデイヴィッド・ベッカムと比較されているのだ。

Sponsored Link


本田は、ファッションでも、ベッカムのような新しい生き方を始める。両手首に高級時計をする本田には、広告の契約がもたらされたが、日本人で自信があり外交的な本田は故郷の日本では批判的に見られている。

2013年のワールドカップ予選オーストラリア戦で本田は自身の精神の強さを証明する。本田のフリーキックで1:1に持ち越し、日本のワールドカップを出場を決めた。

世界で2目に大きい自動車メーカーも本田という名前だ。比較するには紛れもなく適している。

2014年に本田はようやく大きいクラブチームにたどり着く。すでにACミランへの遺跡は決まっていたが、2014年1月に公式にミランで紹介された。

 

参照:

kicker online
(http://www.kicker.de/news/fussball/wm/starfuerbrasilien/596766/2/slideshow_keizer-keisuke-wandelt-auf-beckhams-spuren.html)