ACミランの日本代表FW本田圭祐は8日、アウェーにてサンプドリア戦に出場し、
後半14分という今季最短での途中交代となってしまった。試合は2-2のドローに終わったが、
不発に終わった背番号「10」への地元メディアの評価は低い。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/af/Keisuke_Honda_Russian_Super_Cup_2013.jpg

Sponsored Link



リーグ戦全試合先発出場による蓄積疲労が重なり、インフルエンザから回復間もない本田の体調面が指摘されている。
開幕7試合で6得点2アシストとゴールラッシュを見せた序盤に比べると、コンディションが低下している事実が報道されている。

世間の反応

 

良ければ賞賛もすごいけど、少し悪くなるとすぐに批判される。仕事とはいえ、どこの国もプロは大変だね。

いずれにしても上位争いの相手のサンプドリアと引き分けているわけだし、、
ミランとしての最低限の結果は残せているでしょ!?
サンプドリアは柳沢がいたときは弱いチームだったけど今期は調子いいね。

香川も本田も苦しんでるなぁ。長友はもっと苦しんでるけど。
内田も怪我だし。海外組は今やばそうだね。岡崎はどうだったのだろう?