ドイツ・ブンデスリーガ第27節、2015年4月4日にブンデスリーガ・クラシコ、
ボルシア・ドルムント対バイエルンミュンヘンの試合が行われた。
旧ドル・プレーヤーのロベルト・レヴァンドフスキに1点を奪われ、
試合終了まで得点できずにドルトムントは敗北を喫した。

Bayern_BVB

Sponsored Link


後半67分に香川真司はヤクブ・ブワシュチコフスキ(Jakub Blaszczykowski)と交代しピッチに立ったが、
チームに貢献できずに出番は終わった。
今季ブンデスリーガも残すところ7試合となった。
首位を独走するバイエルン。ドルトムントはあとどこまで今から上りつめる事ができるのだろうか!?

レヴァンドフスキに1点奪われドルトムント・ブンデスクラシコ制せずへの海外反応

レヴァンドフスキの決定力は対したもんだな。

昨年のバイエルンホーム戦でもレヴァンドフスキは1点決めてるんだよね。
要は、皮肉にもドルにとっては厄介なプレーヤーということだね。

とにかく、ドルが調子を取り戻してきた事はいいこと。残りの試合是非全勝してもらいたい。

参照:
FAZ
Twitter