今季のエジルはケガに泣かされるなど今シーズンはここまでプレミアリーグ6試合出場1得点にとどまっている。 その不調の原因はピッチ外にあるのかもしれない。 イギリス『デイリー・メイル』など各メディアが、プライベートでの騒動を伝えている。

ドイツなど海外メディアの報道によると、エジルの実父のムスタファ・エジル氏が、 6300万ユーロ(約9100万円)の支払いを求め、息子及び関係者らを訴えていると報道されている。

ム スタファ氏はメスート・エジルのマーケティングを目的として設立された「エジル・マーケティング」という会社で役員を務めていたが、 去年の夏に解任され、これによって手に入れ損なった、自身が手がけたスポンサー契約の約9000万円相当を支払うよう求めているとのことだ これに対して、息子のエジル側も、ムスタファ氏に貸していた借金の返済を要求している。これにより、泥沼闘争に発展しているところだ。

Mesut Özil (hier bei der Ankunft im DFB-Hotel in Frankfurt) bzw. die „Özil Marketing GmbH“ hat sich offenbar im Rechtsstreit mit seinem Vater Mustafa außergerichtlich geeinigt

Sponsored Link


 海外反応は

これでまた、サッカーに関係するビジネスがどれだけおかしいかってことが。

金は人を変えるからね。

エジルの市場価値は下がっていくね。どうやら、彼の黄金期は終わったみたいだね。

エジル・マーケティング!!

26歳で彼のスターダムは終わりかな。

参照:

the WORLD

Sportbild