DFB・ドイツサッカー連盟は13日、ヨアヒム・レーブ監督(55)の契約延長を発表。

これにより、2018年のロシア開催のワールドカップ(W杯)までチームを指揮することになった。

2006年、ユルゲン・クリンスマン現アメリカ代表監督の辞任に伴い、コーチから昇格したレーブ監督はドイツ代表をブラジルで行われた2014年W杯で優勝に導いた立役者でもある。

germany

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・辞める必要なんてないからね!

・東西統一後初めて結果を出した監督だ。まだ続けるべき。

・ロシアも制して2連覇だ!

・ユーロが楽しみ!

・ジャーマンマシーン集団を倒せる国は出てくるのだろうか。

・他に候補がいないからね。続投が正解。

・強いままでいてくれれば誰が監督でもOKさ!

 

参照:

Facebook