11月22日にブンデスリーガ第12節の試合で日本代表岡崎所属のマインツとフライブルクが戦い2:2で試合を終えた。
この日は、同時刻に他5試合があり、日本人選手はいずれもスタメン出場を果たしていた。
岡崎は今日の試合までは、今シーズン6得点をおさめ、バイエルン・ミュンヘンのマリオ・ゲッツェ、トーマス・ミュラーやアイントラハト・フランクフルトのアレキサンダー・マイアーと並んでいたが。
今日の試合でバイエルン・ミュンヘンのマリオ・ゲッツェとアイントラハト・フランクフルトのアレキサンダー・マイアーが得点を入れ、1点差で引き離された。
バイエルンのロバート・レヴァンドフスキも今日得点決め、現在岡崎と6点で並んでいる。その他は現在5得点のバイエルンのアリエン・ロッベンが追いかけている。

岡崎慎司

Sponsored Link


海外反応・ブンデスリーガファンの反応

岡崎はがんばっているけど、なかなかチーム全体として調子が完全じゃないんだよな。

来週の試合こそ点決めて欲しいな。ブンデスリーガの順位も、得点王もバイエルンが独占しているから、是非頑張って欲しい。

来週のうっちーとの日本人対決も楽しみだね。

正直、今2位のヴォルフスブルクまでならがんばれば、辿り着けるんだよね。その上は遠すぎるが。。。

とりあえず、この後の日本人対決のケルンvsヘルタをまずは楽しみにしておきます!

 

参照:

FAZ