2015年2月3日 ブンデスリーガ第19節 2014/2015

日本代表DF内田篤人が所属するシャルケは、3連覇を狙う首位のバイエルンMと1―1で引き分けた。

内田はこの日がブンデスリーガ通算100試合出場だったが、前半17分から数的優位に立ちながら1―1で引き分けた。

バイエルンMは前半17分にボアテングが相手選手を倒して一発退場となり、1人少ない状態だったが耐える。後半20分に、内田に当たったボールがゴールに吸い込まれる場面もあったが、その前にゴールラインを割っていたと判定されノーゴールに。だが、その直後の同22分にロッベンのゴールで先制。シャルケは同27分にヘーベデスのゴールで追いついたが、そのまま引き分けに終わった。

shalke_uchida

Sponsored Link


海外の反応

・今日は優位性もあったからバイヤンを倒して欲しかった。

・あれ、バイエルン調子悪そうだね。いいよいいよ、その調子。

・んー勝ちたかった、悔しい!

・ボアテング退場になったけどそこで詰められなかったね。

・んーすっきりと勝ちたかった。

・バイエルン絶賛急降下中!?

 

参照:

Facebook