2014-2015ブンデスリーガ第18節が31日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツとパーダーボルンが対戦。

マインツはホームのパーダーボルン相手に5-0で大勝。

岡崎は先発出場。岡崎はアジア杯準々決勝UAE戦(1月23日)で左太もも裏を痛めていたが、先発に名を連ねた。

前半39分には、右クロスを受けてシュートを打とうとしたが、胸トラップが大きくなり、相手DFにクリアされた。そのまま無得点で、後半24分に交代して退いた。

マインツはリーグ戦では昨年10月18日アウクスブルク戦(2○1)以来、10戦ぶりの白星となった。

9試合勝ち無しでウィンターブレイクを迎えたマインツ。後半戦、岡堰のゴールラッシュに期待がかかる。

okazaki

Sponsored Link


海外の反応・ファンの反応

・やっとエンジンかかってきたかな!後半戦いいスタートきれたね。

・久々のリーグ公式戦、ここまで大勝できると気分がいい。

・ビールがすすむ勝利!

・アウェイでの大勝は清々しいね。

・岡崎はまだ本調子ではないね。ゴール量産期待している。

・昇格組パーダーボルンは後半戦失速しそうな感じ。

・バイヤンも負けたし波乱が起きそう。

 

参照:

Facebook