今ブンデスリーガ1部で独走中のバイエルンミュンヘン。
一体誰がバイエルンを止める事ができるのか。
ブンデスリーガは当然のことながらUEFAチャンピオンズリーグでもかなりの勢いを見せている。

ピッチの活躍が各地のメディアやファンの間で評価されている間に、バイエルンミュンヘンの経営面でも称賛の声も挙がっている。
バイエルンミュンヘン地元にあるアリアンツ・アリーナは元々25年間の支払い計画で考えていたものだったが、
経営がうまくいっている事からすでにほぼ完済してしまったのだ。今ドイツメデイアでも来季の選手の報酬が上がると噂にもなっている。

チームの業績も経営面もうまくいくサッカーチームは決して多くない。
今バイエルン内では非常に良いサイクルが出来上がっているのであろう。

バイエルンミュンヘン

すでに来季にはドルトムントからマルコ・ロイスの移籍情報も挙がっている。
どうなるかはわからないがドイツ代表のケディラやアーセナルのメスト・エジルがレアルマドリードからバイエルンへ来る話も出ている。

昨日(11月23日)のブンデスリーガ第12節のホッフェンハイム戦では4:0でバイエルンが勝利した。
この試合でマリオ・ゲッツェが1ゴールを決め、アイントラハトフランクフルトのアレキサンダー・マイアーと並んで得点王の首位に立っている。
昨日ゴールを決めたロベルト・レヴァンドフスキが現在6点、トーマス・ミュラーも6点、同様に昨日点を決めたアリエン・ロッベンが5点で後を追っている。

今から来年のブンデスリーガ決勝戦とUEFAチャンピオンズリーグを考えてドキドキする人は多くいるだろう。

Sponsored Link


バイエルンミュンヘン・バイエルンの選手への海外反応

バイエルンは最強すぎる。レアルも強いが、全体の選手を見た時にバイエルンはバランスがかなりいい。

バイエルンミュンヘン=ドイツ代表、この間のドイツ代表の試合を見たけど、今10人くらい怪我で出れていない。にも関わらず、王者スペインに勝利してたし、世代交代が本当にうまくいっているのを感じるよ。

シュヴァイニーもやっとホッフェンハイム戦で戻ってきた。これでますます誰にもバイエルンを止める事はできないでしょう。

次のヨーロッパチャンピオンズカップが今から本当に楽しみ。正直言うと、イングランド、フランス、スペインは今本当に厳しい状況にいると思う。そして、以外にポーランドやオランダがドイツの宿敵になるような気がするよ。要は、ロッベン、レヴァンドフスキがいるからね!

来季のバイエルンもおそらく、ドイツ国内はもとより、他のリーグからも選手を獲るだろうからますます最強になるね。やっぱり、お金があるチームは違うね。

ペップもそのうちスペイン代表の監督になるんだろうな。このバイエルンでのキャリアはかなり大きいね。

クロップも未来のドイツ代表監督という声が上がっている。そのためには、まずはこのBVB危機を克服しなければいけないね。