2014年11月30日

ブンデスリーガ第13節の試合最終日、長谷部誠、乾貴士率いるアイントラハト・フランクフルトと香川真司率いるドルトムントがフランクフルトホームで対決し日本人対決が実現。

3選手全員が先発し香川真司は74分に交代。

結果

フランクフルト 2-0 ドルトムント

不調にあえぐ香川真司は29日付の独大衆紙ビルトに「シンジ・カガワは優勝したシーズンのコンディションからは遥かに遠ざかっている。彼の敏捷性と才気あふれる様子は滅多に見られない…」と記されており今日の試合でも活躍できず挽回することができなかった。

ドルトムント_フランクフルト

Sponsored Link


海外の反応・ファンの反応

・なんだこのチーム。。。CLは順調なのにリーグボロボロ。まCLもこの先分からないけどね。

・おいおい、来年CL出れないじゃないか。

・2部にBVBが名を連ねてることが想像できない・・・苦笑

・最下位。これ以上の汚名はない。他のチームを散々馬鹿にしていただけにまさにブーメラン。

・ロイスも怪我だし香川も全く良い所でてないし最悪。本当に最悪だよ。

・チームや選手自体がここまで機能していないことは今までなかったね。本格的に降格の危険性考えてしまう。

・クロップはもう手に負えないんじゃないかな。

・こりゃCL優勝するしかないな、笑

・クロップでさえコントロールができないていうことは本当に酷い状況なんだと思う。今シーズンできっぱりドルの監督辞めて来年プレミアの監督になるのかな。

・いくら熱狂的なドルファンでも擁護しきれない。

・今のBVBには失望しかないよ、失望。

・KAGAWA早く本当の姿を現してくれよ。。。救ってくれ。

 

参照:

Facebook/Instagram