今年夏にJ2磐田からブンデス2部KSC(カールスルーエSC)に移籍したMF山田大記(25)の評価が急上昇。

11月9日のアウェーのフュルト戦では、後半2分と同30分に得点を挙げ、1アシストも記録し3-0の快勝に貢献。マン・オブ・ザ・マッチにも選出。

ビルト紙は「徐々にだが確実に、期待されていた選手になってきている」とした。

今季既に5得点を挙げており、最近は毎試合チーム最長となる平均12キロを走る運動量。

本人は「ブンデスのサッカーは日本よりずっとフィジカルが要求される。最初はまず、そこに慣れないといけなかった」と話す。

hiroki_yamada

Sponsored Link


海外の反応

・ドイツで確実に成果を残し、決してやみくもにプレーしないスタイルは素晴らしい。非常に印象的。

・堅牢性と速度を持ちあわせていたことはKSCデビューの時から既に分かっていた。

・彼は伸び代がありこれからも活躍するだろう。

・来年は1部チームに行ってしまうのだろうか。。。

・彼の力でKSCを1部に昇格させて欲しい。

・次の試合も楽しみ!

 

参照:

Facebook