サッカードイツ代表GKマヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン所属)の蝋人形が、ベルリンのマダム・タッソーでお披露目され話題に。

ノイアーは、緑色のユニフォーム姿のろう人形と一緒に笑顔で撮影に応じた。

尚、ノイアーは2014年のワールドカップ・ブラジル大会では多くの好プレーで母国の優勝に導き、所属クラブのバイエルンでも昨季は国内2冠に貢献した名キーパーでドイツ国内では絶大な人気を誇っている。

neuen Neuer

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・どうせそこまで似ていないだろうなと思っていて画像みたら似てて笑った!

・ノイアーは生ける神!!

・ロナウドの銅像は似ていなくてがっかりしたからこれは感動した。

・もうちょっと本人の体格まで再現した方がよかったと思う。

・バロンドール取れなかったのは残念だったけど自分の中ではノイアーは揺るぎない世界最高のキーパーでありプレーヤー。

・今度息子連れて見にいいってくるかな。

・似ているけどやっぱり実物の方が迫力あるし威厳があるね。

・制作費てどれくらいなんだろうね。気になる。2万ユーロくらいかな。

・胸元の星マークは4つがいいと思う。

・こりゃさっそく見に行かないとな!

 

参照:

Facebook/Twitter