イングランド・プレミアリーグ、リバプール(Liverpool FC)に所属するスティーブン・ジェラード(Steven Gerrard)が7日、今季終了後に米メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(Los Angeles Galaxy)に移籍し、デビッド・ベッカム(David Beckham)氏の足跡をたどることを表明。

Steven Gerrard
現在34歳のジェラードは7月の移籍市場でシーズン真っただ中のMLSへ移籍し、ここ5シーズンで4度目となるギャラクシーのリーグ制覇を目指すことになる。

ジェラードはMLSの公式ホームページに投稿されたビデオで、「キャリアのこの時点が、新たな挑戦をするのに適切な時期だと思っている。米国で最も成功を収めたチームへ移籍することになる」とコメント。

契約内容について発表は行われていないが、ジェラードは1年半の契約を結んだとみられており、英国の報道では年俸600万ドル(約7億2000万円)と伝えられている。

Sponsored Link


海外の反応・ファンの反応

・遂にジェラードもイングランドを去ることなったのか。

・リバプール一筋の人だったし自分もリバプール一筋のファンだから色々思い出があるよ。

・年齢的にはこれが最後のクラブチームになるだろうね。頑張って欲しい。

・ジェラードの後釜がいないことが本当に不安。。。

・新たな挑戦に向けて頑張って欲しいね。応援している。

・イングランドを立て直す第2のジェラードが出てきて欲しいよ。

・100ゴール目のフリーキックは自分の中での伝説さ!

・個人的には一番好きな選手。

 

参照:

Facebook