J2/横浜FCで2015年来季も現役続行のカズ、三浦知良(47歳)選手をイギリス紙ガーディアンが12月19日が「現役世界最年長のプロサッカー選手」として取り上げた。

サントス(ブラジル)で1986年にプロ生活をスタートさせ、94~95年シーズンにジェノア(イタリア)で日本選手として初めてセリエAでプレーした経歴のほか、「キング・カズ」の愛称や日本の現役レジェンドとして紹介。

尚、イングランドの現役プロ最年長はトットナムに所属する43歳のGKフリーデル。

イングランド・プレミアリーグ内での最年長出場は95年にマンチェスター・シティーのバリッジが記録した43歳162日が最高である。

kazuyoshi_miura

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・ミウラって昔ジェノアに在籍していた日本人だよね。

・まだ現役だったのか・・・凄い、生けるレジェンド。

・50歳まで現役でいてほしいね。

・ギネス記録になってるのかな。挑戦してもらいたいね。

・最近の若い人は分からないかもしれないけど日本サッカー界のパイオニアだよ。

・普通のアスリートの2倍は現役やっているね。

・死ぬまで現役でいて欲しい。

・ミスターストイック。

・GKやDFのポジションならまだしもこれはすごいことだよ。

・日本代表で見たい。

・夢をあきらめずW杯に出場して欲しい。

・親父と同い年だ。。。

 

参照:

Facebook/theguardian