現サッカー日本代表監督のハビエル・アギーレ監督がかつて八百長に関わったとして、スペインの検察に告発され日本代表が、思わぬ形で揺れている。

スペインで弁護士資格を持ち、日本で外国法務弁護士として活動するモントロ・ミゲル氏は「アギーレ監督を続投させることは非常にリスキーだ」との見方を示し現地では「歴史に残る大きな事件」と関心が集まっているという。

一方で

「この件で私が知る限り、少なくとも全員が否定し続ける限りは、選手たちが有罪になるとは考えにくいと思う」
「レバンテの選手たちの明らかな“無気力プレー”の映像の証拠がない限り、検察が勝訴するのはとても難しいのではないだろうか」

起訴されれば、事情聴取などもあり日本側の対応も迫られることになるだろうとの見方もある。

Javier Aguirre Onaindía

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・この件に関しては大変興味深いね。動向が気になる。

・白か黒か分からない状況で続投させるのは無理があるんじゃない?

・日本はアジアカップもあるみたいだし途中で監督を交代となったらかなり大変だろうね。

・協会は念の為にサブの監督候補用意しておいた方がいいかも

・なんか長引きそう。。。

・決定的な証拠がない限り有罪にはならないでしょう。

・これはサッカーファンとしてかなり今後の動きが気になる。

 

参照:

Facebook/Forum/Twitter